ジャンプ

最終回発情期現象とは(ファイナルファンタジー)?名作を徹底調査まとめ!

今回は、銀魂74巻や「週刊少年ジャンプ」の作品や「鬼滅の刃」のネタバレになります!

未読やネタバレが苦手な方はご注意下さい。

最終回発情期現象とは何か?」

「(ファイナルファンタジー)FFと関係ある?」

など気になる言葉を調べてみました!

漫画の名作を徹底調査しまとめてみましたので見て下さい!

最終回発情期現象とは(ファイナルファンタジー)?

最終回発情期現象とは(ファイナルファンタジー)?と題しましたがスクウェア・エニックスのゲームではなく「銀魂」の作者・空知英秋先生の言葉遊びです。

「週刊少年ジャンプ」で連載終了した「銀魂」ですが、74巻で登場した「最終回発情期現象とは(ファイナルファンタジー)?」のことを掘り下げてみたいと思います。

これで理解する方は早い話ですが、最終回発情期現象とは(ファイナルファンタジー)は、最終回発情期=(ファイナルファンタジー)と読むのです。

最終回発情期(ファイナルファンタジー)の現象を示すのです。

「銀魂」の作者・空知英秋先生が考案した言葉でした!




最終回発情期現象と名作を徹底調査まとめ!

名作を徹底調査まとめですがツイッターでは様々な声が挙がっています。

「ナルト」・「ブリーチ」等々名作が挙がっています!

解釈を間違えないでほしいという声も挙がっています。

「鋼の錬金術師」のような主人公とヒロインが3巻の時点で両方想いとわかるようなシーンがあると意味が違ってきます。

「フルーツバスケット」のような少女漫画は物語上、恋愛要素や両片想いが読者に見えているので意味合いが違うようですね。

しかし、物語のキャラクター達が成長しその後が描かれている事も、話題に挙がることも名作と言われる要因ですね。

「銀魂」の空知先生の評価は連載が終了した今でも語り継がれ、パロディには笑わせていただきましたね!




まとめ

最終回発情期現象が起こった名作を徹底調査してきました。

ジャンプや「銀魂」をお読みの方は理解していたり「最終回発情期現象とは(ファイナルファンタジー)?」と言う言葉だけが一人歩きしたりと様々でした!

解釈も人それぞれです!

原作を楽しめた、方複雑だった方がいるのはもちろんですよね。

最終回発情期をファイナルファンタジーと読んでその現象のことを言うと思いつかれる発想が素晴らしいなと思いました!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
朱楓(しゅか)
こんにちは、朱楓(しゅか)と申します。 動物大好き家族大好き面白いこと大好きなママです。 旦那さんと出会い自己肯定感を失いそうになっていたことに気づき天職を引退しました。 ブログをしつつと子育てと家事を満喫しています! ゲーム好きのパパもちょいちょい更新していますw