小動物について

うずらってあのウズラ?知らなかった鳥類の飼い方

鳥さんを飼ったことがある方はどれくらいいるのでしょうか?

インコやヨウム、オウム、文鳥…
にわとり、チャボなどが

一般的に飼われているのはこの種類が多いでしょうか。

動物病院では先生が診ることができなかったのでそれほど関わることもありませんでした。

そんな私が飼ったのは、並うずらです。

友人がチャボの繁殖にハマってうずらの卵を孵卵器で一緒に育てたところ生まれた子達です。

自然の多いところで育った環境から突然都会に来たうずらちゃん達には申し訳なさを感じつつ、鳥さんをつがいで飼う事も夢だったので来てもらいました。

鳥さん初心者の私が飼って気をつけるべき生態を知りました。

キジ

うずらの卵を産むうずらを絵でしか見たことがなかったので出会った時がはじめての出会いでした。

それぐらい珍しい生き物でした。

キジ目キジ科で言うとニワトリの仲間です。余談ですがチャボはニワトリの品種だと言うことです。

うずらの雄と雌の違いは見た目だけだとかなり見分けが難しいです。

特に孵化後3週くらいの間で見ると色違いでしか判断出来ません。

うずらの羽は淡褐色(うずら模様の茶黒白のまだら)で雌は喉から前胸にかけて白っぽい淡褐色(クリーム色で茶色も混ざってるよう)で雄は喉から前胸の色が濃いめの赤褐色(濃い茶色)です。

お迎えした子達は本当に色だけで確信はありませんでした。

産卵が出来る孵化後6週令のころには多少雌の方が身体が大きいです。

上から見比べてわかる程度です。

全長20cmほどの手乗りサイズです。

6週令頃には雌は卵を産めるようになり(産めるようになったら産道?で膨らんでいて)口がわかり、雄は陰嚢が(赤く膨らんでいて主張している)羽の隙間から見えています。

ここでつがいで飼った理由がエゴの間違いであったと理解しました。
・単純に1羽だけは寂しいだろうと思ったこと。
・繁殖をさせるつもりがないのにカップルとして迎えたこと。
・生態を知らなかったこと。

うずらは雑食なのでなので、種子や昆虫が主食で野菜も食べます。
雌は卵を産み続けるのでボレー粉を適量与える。

辛いものなどの味覚はないのでニンニクなども食べられるそうです。

野菜の葉などは種子のように細かくすると食べやすい。

嘴も爪も伸びるので必要であれば手入れする。

繁殖様式は卵生で、配偶様式は一夫一妻だが現実のところ一夫多妻でないと求愛が強すぎて雌が傷をおってしまう。

飛んではいられませんが跳躍力があるので天井は高くするかクッションなど柔らかいものが必要です。

砂遊びするのも好きです。

雌(♀)について

雌の性格は優しく落ち着いている子が多いのでペット化で飼育するのでしたらメス同士の相性がいいようです。

家の子たちと同じ日に生まれた5羽(1羽雄4羽雌)は均等に求愛が分散されて落ち着いた子達に育ったそうです。

孵化後、6週令で卵を産めるようになりますが成鳥するには約1年かかるそうです。

平均寿命は586~694日(1.6~1.9年)の2年に満たないそうです。

280日齢(約10ケ月齢)までは80~90%の産卵率だそうです。(家の子は1歳半以上は産んでいました)

生涯産卵数は平均して342~384個ほどだそうです。

やはり、産卵でかなり体力を消耗してしまうのでしょう。

数字にするとリアルですが卵の柄の模様はその子の決まった模様が出るそうです。

卵のまだら模様には外敵から守るカモフラージュ効果があります。

稀に模様のない白っぽい卵もあり、体調や栄養が優れていないことがわかります。

家の子は、食餌のバランスがうまく取れておらず栄養失調で動物病院にお世話になりました。

症状は、暑くも寒くもない時季だったのにも関わらず動かず羽を膨らませて元気がない。食欲減退でした。

卵を産みはじめで若かったり、食餌の選り好みがあったりとだいぶ体力をつかっていたようでした。

卵にまで影響が出ていた時は色も然る事乍ら、殻が柔らかくきちんと形成されていませんでした。

次に雌鳥さんで心配なのは卵詰まり(卵秘)と言われる病気があります。

お腹の中で卵が形成され産道に停滞してしまい詰まってしまう病気です。

いくつかの原因が重なって発症することが多いようです。

その子の好きな食餌を把握して産卵に備えましょう。

雄(♂)について

雄の平均寿命はペット化で7年〜8年だそうです。

うずらの雄は気性が荒いので、雄同士であれば喧嘩が頻発するでしょう。

雌と飼うと雄が雌を執拗に追いかけ回し、頭をなどを攻撃してしまうのことがあります。(雌の子が産卵できるようになった頃、雄の子も覚醒し好きすぎて頭を禿げさせました)

雄は特有の雄叫びをあげます。

家の子は鶏さんに近い「チョッ!チョゲピーーっ!」って鳴きます。

警戒心も強いので「ケキョケキョ」と威嚇してきます。

雌も警戒心から威嚇することはごく稀にありますが基本的に「ピヨピヨ」とキレイな声で鳴きます。

鳴き声は個体差がかなりあるようです。

まとめ

小学生の時に飼育委員になって鶏のお世話をして以来の鳥さんでした。

その頃も強そうな雄にも触れていたので怖さはありませんでした。

孵卵器から産まれてのうずらの卵のサイズから手乗りサイズにまで成長したうずらちゃん達は凄く神秘的です。

雌の子は掌に乗ってくれるくらい慣れましたが雄の子はやはり警戒心が強いです。

一生懸命雌の子を守っているんだなぁと言う感じでした。

あの小さな体で産み出せる数は限られているようですが卵があった日は感動的でした。

うずらの卵って美味しいですよね!

普通の卵より栄養価が高いそうですよ。

今回は鳥さんの中でも少し珍しいうずらちゃんのお話でしたが少し参考になったでしょうか?

鳥さんを診られる動物病院はまだまだ少ないのでしっかり動物病院を探してください。

ABOUT ME
朱楓(しゅか)
こんにちは、朱楓(しゅか)と申します。 動物大好き家族大好き面白いこと大好きなママです。 旦那さんと出会い自己肯定感を失いそうになっていたことに気づき天職を引退しました。 ブログをしつつと子育てと家事を満喫しています! ゲーム好きのパパもちょいちょい更新していますw