猫について

猫ちゃん奇跡のアクロバット!?信じられない身体能力の理由

猫ちゃんを触ったことがある方はおわかりかと思いますが、毛もさる事ながら皮膚がかなり気持ちいいですよね。

筋肉がありながら皮膚の張りが柔らかいんですよね。

ここ数年で猫ちゃんブームと言っていいのかとブームを上回る飼育数になったそうですね。

その身体能力を残念ながらまだ猫ちゃんを飼ったことがない私が経験したことをお伝えしたいと思います。

ワンちゃん同様、仔猫から飼う方は基本的にワクチンで動物病院を訪れると思います。

 

生態を知る

動物病院では稀にはなってきましたが目も開いていない(生後2週間以下くらい)仔猫ちゃんから見ることがあります。

そこまで小さい仔猫ちゃんだと、ノミがついていないかだとかいつ親から離れてしまってミルクを飲めるかだとかの心配になります。その時に元気に親を呼んでいるのであればまだ安心です。

まだ、体温調節はできないので温めて落ち着かせたり排泄を促したりして体調を見ます。
一通りの行動ができれば飼われる方のお世話が大事
になります。

ペットショップなどで飼われた方は1ヶ月半以上は経っているでしょうから体も意志もでてきて元気に動きまわるでしょう。

お注射が1度目の時は、母猫が咬んで持ち上げる肩甲骨の間に打つのでケロッとしてることが多いです。

ただ、ワクチンが2回目のだったりすると1度知った感覚を思い出すのかまだまだあどけない表情でも猫ちゃんらしい行動をするのでワクチンを打つ時の保定は大変です。

骨は細いけど力も柔軟さもあってクネクネ動くので注射を打たれた時にびっくりしたりするととんでもない力を発揮します。

体が小さいからと言っても仔猫の時の方が歯も尖ってますし爪も仕舞えないので攻撃として使えるのでこちらも警戒しないといけません。

野良猫ちゃんの仔猫だったりすると、環境だったり母猫の影響も強いので人に対する警戒心が強く、小型犬のワンちゃんが嫌がって保定から逃れようとする力とは比べられない力を発揮して柔軟な動きも相まってしっかりと関節を捉えていなければ抑えが効かないです。

もちろん動物病院が苦手な子が多いので透明なエリザベスカラーをした上で全力で保定から抜け出されたことはよくありました。

私が猫ちゃん初心者だったり、まだ保定の仕方が未熟だった時は傷だらけになったものですが猫ちゃんの本能には敵いません。

高いところが好き

ワンちゃんと仲のいい猫ちゃんでも遊び方が上からパンチする猫ちゃんと下から見上げるワンちゃん。

やはり優勢なのは猫ちゃんですよね。

なぜ高い所が好きなのでしょうか?

高い所に行けば外敵からも身を守れて視野をとりやすく獲物が狙えるからです。

現代の家猫ちゃんたちは外敵と言うよりは高い所から見る行動が好ましいのでしょう。

窓から外を見て日向ぼっこをするのも好きなようです。

ただ、登ったはいいけれど降りるのはそれ程上手ではありません。

外の世界に興味がある猫ちゃんは窓の開け閉めをかなり注意した方がいいです。

マンションのベランダで遊ぶのが好きだったりするといつの間にか塀のところで寝ていたりして落ちてしまった例は少なくありません。

その例の中で10何階から落ちたと電話があった時は驚きました。

どれ程の怪我をしてしまったかと思いましたが、

まさに奇跡で爪はボロボロでしたが骨折など何もしていなかったのです。

2~3階から落ちてしまった猫ちゃんは骨折して動けなくなって精神的にもかなり傷ついていたのも見たことがあったので衝撃的でした。

何が幸をなして助かったのかと言えば高さの距離でしかありません。

猫ちゃんの身体能力を持ってして風の抵抗やバランス力が着地の衝撃を軽減して見事に助かったのだと思います。

ですが、これは防げる事故なのでマンションに住まれてる方だったり外に出すつもりがない方は充分に気をつけてあげてください。

経験上ですがたまに外に出してあげたいと言って半野良ちゃんみたいに飼われてる方もいますが大抵怪我をしています。

オーナーさんが気付きにくく、弱っていたり脚を引きずっていたりという所で判明し、また行動範囲が広いのでいつから居なくてどんなところで過ごしていて誰にやられてしまったのかが分からないのです。

野良猫ちゃんの爪は鋭く整っているので刺さったり引っ掻かれていますが、猫ちゃんの皮膚は再生能力が高いので早く塞がってしまいます。
ですが、爪からの傷は感染力が強いので皮膚(皮下組織)の中で感染し膿が溜まって傷の範囲を広めてしまったりします。

膿を出し切る為にまた皮膚にメスを入れなくてはいけなくなったりもします。

薬を飲むだけではダメなの?

もちろん傷にもよりますが、血膿ほど悪化しているならば膿自体が排出されれば痛みも傷の治りも早いので抗生物質だけを飲んで治すと言うよりは切開してしまった方が目に見えて楽になります。

どんな病気でも必要なことですが皮膚の治療には時間がかかるので根気強く見てあげてください。

 

まとめ

猫ちゃんは見てるだけでリラックス効果や自由奔放な姿から癒される方が多いですよね。

性格や年齢にもよりますが綺麗好きな猫ちゃんたちと暮らしていくのはそれ程苦労するイメージはないかもしれませんがブラッシングだったり爪のケアは一緒に暮らしていく中で欠かせないものなので病院に連れて行くのに躊躇される方はオーナーさんができるよう心がけてあげてください。

単頭飼いか多頭飼いにもよりますがお家の中で適度な運動もできると体力もあってストレスも解消されるかと思います。

本物の野良猫ちゃんには適うはずもありませんので、外に出て冒険も可愛らしいしイメージ的に外に出たことがないなんて可哀想と思うかもしれませんが現代っ子の猫ちゃんたちもお家の中で快適に過ごせるのが1番だと思います。

どうしてもと思われる方はハーネスなどをつけて安全第一で楽しくお出かけできるといいですね!

ABOUT ME
朱楓(しゅか)
こんにちは、朱楓(しゅか)と申します。 動物大好き家族大好き面白いこと大好きなママです。 旦那さんと出会い自己肯定感を失いそうになっていたことに気づき天職を引退しました。 ブログをしつつと子育てと家事を満喫しています! ゲーム好きのパパもちょいちょい更新していますw